MENU

油っぽい中華料理にはゼニカル

 

中華料理は油を多く使う調理法として知られています。
野菜なども最初に油に通す事で、余分な水分を取り、食材のうま味を引き立てるのです。
また揚げ物など、油を多く使う料理が多いという特徴もあります。
油を多く使うという事は、それだけカロリーも高くなってしまいます。

 

油っぽい食べ過ぎてしまうと当然、カロリーオーバーとなり肥満に繋がるので注意しましょう。
中華料理を初めとする、脂っこい食事が好みという方に、お勧めしたいのが「ゼニカル」というダイエット薬です。
このダイエット薬はスイスの製薬メーカーが開発したもので、現在ヨーロッパなど海外では実際に、肥満の治療薬として用いられています。

 

食事で摂った脂質は、そのままだと分子が大きすぎる為、体の中に吸収されません。
リパーゼと言う酵素で細かく分解し、初めて吸収されるのです。
ゼニカルはリパーゼの働きを抑制し、脂質の吸収を抑える効果があります。

 

同じ量の脂肪分を摂っても、ゼニカルを服用していれば太り難くなるのです。
一般的に食事に含まれる約30%の脂質を、カットできると言われています。

 

このような効果を持つゼニカルは、油を多く含む中華料理を食べる際、ダイエットの大きな味方となってくれるでしょう。