MENU

ゼニカルの特徴

 

ゼニカルの特徴は、ダイエット効果の高さや簡単な服用方法、安全性の高さなどにあります。
摂取された脂質は、通常十二指腸の胆汁や膵液に含まれる脂肪分解酵素リパーゼにより分解され腸で吸収されますが、ゼニカルは脂肪分解酵素リパーゼの働きを阻害し摂取した脂質の約30%を未消化のまま排便とする事で大きなダイエット効果を示す特徴があります。
ゼニカルは、服用後24時間から48時間で脂肪を多く含む油状の排便となるケースが多く、便意のコントロールが難しくなり下着を汚すケースがありますが、服用中止後48時間から72時間で元にもどります。
ゼニカルは、胃腸壁で作用し体内に吸収後1時間から2時間で半減期をむかえる為、食中から食後1時間以内に服用する必要がありますが、食事制限や日々の運動などの制限が無く、ダイエットの1番の問題とされるリバウンドも少ない特徴があります。
ゼニカルは、服用後3日から5日で約98%の医薬成分が便や尿として体外に排出されるので、体内への蓄積がほとんどない事や食欲抑制剤の様に神経中枢に直接作用せず胃腸壁で作用する為、薬物依存や重篤な副作用が少ないとされる安全性の高いダイエットピルとして、アメリカのFDAでも承認されています。