MENU

ゼニカルを飲む期間

 

ゼニカルは、肥満症の治療薬としてアメリカ食品医薬品局に承認にされている安全性の高い医薬品であり、世界各国でダイエットピルとして用いられている医薬品です。
日本国内では、マジンドールを主成分とする食欲抑制剤のサノレックスだけが高度肥満症の治療薬として承認されています。しかし、マジンドールは、強い中枢興奮作用がある覚せい剤のアンフェタミン類と薬理作用が酷似している為に薬事法で習慣性医薬品に指定され、サノレックスは薬物依存症のリスクが高いとして3カ月の処方期限があります。
ゼニカルは、サノレックスの様に中枢興奮作用を持つ医薬成分が含まれておらず、サノレックスの様に神経中枢で作用せず胃腸壁で作用する為依存症のリスクが無く、服用期間に法的な規制は無く長期にわたり服用する事が可能です。又、ゼニカルの医薬成分は、3日〜5日程度でほとんどが排出され、主要な臓器などに蓄積される事が無いので食事の度に服用する事も可能です。しかし、ゼニカルは、摂取した脂肪の約3割を排出する際に脂溶性ビタミンやミネラルなどの栄養素まで排出してしまうので、サプリメントで不足分を補う必要がありますが、排出される栄養素不足にさえ気を付ければ長期服用に問題は無いとされています。ゼニカルは、食後1時間以内の服用でダイエット効果が得られる安全で手軽なダイエットピルです。