MENU

ゼニカルの痩せる仕組み

 

ゼニカルは、胃や腸で働く為薬物依存の危険性が無く、3日から5日で医薬成分のほとんどが排出される為、安全性の高いダイエットピルとして世界各国で使用されています。
飲食などにより摂取された脂肪は、十二指腸の胆汁により乳化され、消化酵素トリアシルグリセリドリパーゼにより摂取した脂肪がジアシルグリセロールとカルボン酸塩に加水分解され、ジアシルグリセロールリパーゼによりジアシルグリセロールがモノアシルグリセロールと脂肪酸に分解され、腸から吸収されています。
ゼニカルの痩せるの仕組みは、消化酵素リパーゼに作用し脂肪の分解を阻害し、摂取した脂肪の約30%を未消化のまま体内に吸収する事無く肛門より排泄する事により、摂取カロリーを軽減し高いダイエット効果を示します。
ゼニカルは、人為的に消化不良を引き起こす為に、下痢の様な症状があらわれ便意のコントロールが効かなくなり、知らないうちに油状の便が漏れたり、放屁と勘違いして便を漏らす事があります。
又、脂肪と一緒に吸収されるビタミンAやD、E、Kなどの脂溶性ビタミンが排泄されてしまうので、ゼニカルを継続服用すると脂溶性ビタミンが不足するケースが多くあります。その為、ゼニカルの服用後2時間以上の時間をあけて、マルチビタミンのサプリメントを服用して不足栄養素を補う必要があります。