MENU

ゼニカルでの影響

 

ゼニカルには様々な影響があり、ポジティブな作用とネガティブな作用がありますので、使用する前によく用法を理解しておきましょう。
ダイエット治療薬は色々と提供されていますが、ゼニカルは脂質に特化した医薬品です。

 

満腹中枢をコントロールし、食事への欲求を減退させる、といった働き方はしません。
ゼニカルのポジティブな作用は、人体の脂質取り込みに影響し、食事によって吸収される予定だった油の30パーセント分が、体内に蓄積せず、トイレの時に排出されるようになるのです。

 

ゼニカルのネガティブな影響としては、服用による副作用が存在します。
脂質を体外に出す効果の反動として、トイレに行きたくなる回数が増える、
お腹がぷくっと張ったような感覚が現れる、放屁の頻度が増加する等の問題が出てきます。

 

人体に有害な副作用はありませんが、肛門から油分が自然と垂れてしまう事もあり、
少し女性には嬉しくない反動が出てきますので、ゼニカルを服用する際は時間帯やスケジュールに注意しましょう。

 

自宅であれば、すぐにトイレ等に向かえますが、仕事場や外出先、旅先では少し対応が困難になりますので、服用を控えた方が良いかもしれません。
ただ女性の方であればナプキンを使用し、副作用に備えるアイデアもありますので、執拗に副作用を恐れる必要は無いでしょう。