MENU

ゼニカルの服用方法

 

揚げ物や肉類、脂っこいものを食べると脂肪を吸収して太りやすくなってしまうので、ダイエットでは回避する食べ物です。ですが会食やパーティといった、どうしても外せない食事も少なからずあり、目の前に出されるとついつい食べたくなってしまうものです。こうした状況でも脂っこいものを気にせず食べられるようになるので、美容外科などで処方されるゼニカルで、主に肥満治療に使われる薬ですが、脂肪吸収を阻害する効果があることから、ダイエット目的でも利用されています。食事によって摂取された脂肪は腸内で脂肪酸に分解して吸収されますが、ゼニカルは分解する過程を阻害することで、脂肪の分解を抑えて、およそ30%の脂肪を便として排泄できるようになります。通常は1日3回で食事の間か食後1時間以内に1錠を服用しますが、食事を取らない時や、脂肪が少ない食事の時は服用しても意味がありません。頻繁に服用すると油分の多い下痢になることから、毎日の使用はせず、食事に合わせて使用する人も多いようです。ゼニカルそのものにダイエットの効果はなく、脂肪の吸収を防ぐことで太りにくくしてダイエットに繋がるので、長期的な使用と今ある脂肪の消費が重要となります。