MENU

ゼニカルは便秘の救世主

 

一般的に便秘の際には、酸化マグネシウムなどの緩下剤の作用で腸内の圧力(浸透圧)を高め、腸の組織に水分を集めて圧力の高い方に水分が動く浸透圧の原理を使って腸内の便を軟らかくし、排便を促進して症状を改善しています。
ゼニカルは、消化液に含まれる脂肪分解酵素リパーゼの働きを阻害する事で摂取した脂肪の消化不良を人為的に引き起こし、摂取した脂肪の約30%をそのまま便として排出する事で高いダイエット効果が得られます。その為、緩下剤の作用で便に水分が含まれ症状が改善する様に、ゼニカルの排便も未消化の脂肪が含まれ軟らかい便となり症状が改善されます。
ゼニカルの排便は、大量の未消化の脂肪を含むので軟便よりも更に軟らかい油状の排便となる事が多く、気付かない内に便が漏れ出したり、おならと一緒に便が出てしまい下着を汚すケースがありますが、生理用のナプキンや大人用のおしめなどで対応出来、服用中止後2日〜3日で服用前の排便状態に戻ります。
又、ゼニカルには、リパーゼに作用するオルリスタットの他に、マイクロクリスタルラインセルロースと呼ばれる食物繊維を超極小粒に加工した成分が含まれ、この成分が腸内の浄化や有害物質の吸着、便秘の改善効果がある為、ゼニカルは便秘の救世主とも呼ばれています。