MENU

ゼニカルダイエットの注意点

 

ゼニカルは、胃や腸の消化酵素トリアシルグリセリドリパーゼの活性セリン残基と共有結合を形成する事によりトリアシルグリセリドリパーゼを不活性化し、摂取したトリグリセリドを腸で吸収可能な脂肪酸やモノグリセリドへの加水分解を阻害し、摂取したトリグリセリドの約30%を便として排出し、摂取カロリーを抑制します。
このダイエット薬は、人為的に消化不良を引き起こす為に、飲食により摂取されたトリグリセリドが未消化のまま便として排出され、エステルワックスを多く含む油状の便となり下痢の様な症状となります。その為、便意のセルフコントロールが効かなくなり、意識とは無意識に油状の便が肛門より漏れ出したり、放屁と勘違いして便失禁をし下着を汚してしまうケースが多々あるので注意する必要があります。
又、トリグリセリドを未消化のまま排出するので、通常脂肪酸などと共に吸収されるビタミンAやビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、βカロテンなどの水溶性ビタミン類がトリグリセリドと共に体外に排出される為に、ゼニカルの長期服用により水溶性ビタミン類が不足するケースがあるので注意する必要があります。その為、ゼニカルの継続服用する際には、サプリメントの服用で水溶性ビタミン類の不足を補う必要がありますが、ゼニカルと一緒に服用すると吸収される事無く排出されるので、ゼニカル服用してから最低2時間以上経ってから服用する様に注意します。