MENU

ゼニカルのデメリット

 

なかなかダイエットに成功しないという場合、薬による治療も痩せる手段の1つとして考えてみましょう。
「ゼニカル」は脂質の吸収を抑える肥満治療薬として、海外では有名な薬です。
最近は日本でもダイエットの為に処方するクリニックが増えた他、インターネット通販でも購入できるようになっています。

 

ゼニカルに含まれる有効成分「オーリスタット」は、リパーゼという酵素の働きを阻害します。
これによって食事に含まれる脂質の、約30%をカットできる仕組みです。
体内に取り込む脂質の量が大幅に減る事で、食べても太り難体質となり、ダイエットも成功しやすくなります。

 

食事制限によるダイエットは向いていないという方に、ゼニカルはピッタリな医薬品です。

 

ただ、服用する事でメリットもあれば逆に、デメリットも出てきます。

 

便の中に油分が多く含まれるようになる為、便が柔らかくなったり排便の回数が多くなるケースも少なくありません。
また、脂質の吸収が少なくなってしまう事から、肌がカサカサするといった影響も現れます。

 

服用を始めてから乾燥肌になってしまったという場合、オイル美容で油分を補ったり、ビタミン類を多く摂取するといったケアを行いましょう。